成相衆治 - Shuji Nariai

役職
CFO
取締役
プロフィール
大学経済学部卒業後、公認会計士資格を取得。 大手監査法人に入所し、国際金融グループで会計監査、SOX法対応業務、財務デューデリジェンスに従事。 監査法人退所後、インターネット生命保険会社の立上げに参画し、IPOの実現、執行役員として財務、経理、システム及び経営企画など幅広い業務に従事。その後、AIベンチャーにてCFOを務めたのち、 2020年11月AntwayにCFOとして参画
 
notion image
 

アーリーステージだからできる挑戦

 
当社は、商品企画から、調理や配送までバリューチェーンが非常に長いといった特徴があります。特に、現在のようなアーリーステージでは限られた人数で、幅広く対応していくことが求められます。そんな環境だからこそ、手を挙げれば、いろんなことに挑戦できる、当社にはそんな環境があります。
 
現在社内ではそれぞれが担当する業務はある程度決まっています。しかし実際には、与えられている役割を超えて、業務に臨んでいる人がほとんどです。立場にかかわらず、意見を出し合い、より良いものを創り上げていくといった光景は日常的に見られ、当社の組織文化といっても過言ではありません。そこには例えば誰かの仕事だからといって遠慮する人もいないですし、もちろんそれに対して、誰も文句はいいません。チームAntwayとして最高の結果を出したいという熱意があってこそです。
 

当社にとってワークライフバランスは達成すべきものである

 
当社は「あらゆる家庭から義務をなくす」といったミッションに共感して入社してくださった方が多いというのが特徴です。
 
みなさんそれぞれの立場でご自身の身近な経験を通してミッションに共感したことを面接でもよくお話されます。例えば、家事をすることが多い女性としてこの社会課題に対してどう思うか、男性側の立場でその問題をどう捉えているか、そして一緒に社会をどう変えていくか。
 
お伝えしたいのは、このミッションを解決していく集団、つまり我々は、すでに課題を解決した状態でなければならないという点です。すなわち、我々は当然ワークライフバランスを保っていかなければなりません。例えば、転職したから、スタートアップだからといって必ずしも過度な残業をする必要はありません。限られた人数の中で、たくさんの課題を抱え、効率よく業務を行い、いかにワークライフバランスを保つかという矛盾を我々は解決していくべきだと思います。
 
 

こんな方と一緒に働きたい

 
自ら問題を発見し解決できる
自ら問題を発見して自ら問題を解決することができる、それは当社で必須の能力だと思います。スタートアップなので、当然上司の指示や周りの指示を待つ人ばかりでは、会社が回りません。課題や問題意識を持っているだけではなく、実際にそれを見つけて一歩踏み出すアクションを起こせる方であるかどうかが大切だと考えています。
 
社会課題に対して動けるマインド
もう1点、当社に参画しているメンバーの特徴として、社会的な問題に対して課題意識を持ち、積極的にアクションをとるメンバーが集まっています。社会的な課題を感じて、動いていくことを粋に感じるようなメンバーばかりです。
 
個人的に経験していることばかりでなく、社会的な課題といった観点でいうと、自分や周りに関係なく幅広くさまざまな課題があります。そういったことに目線がいく方、俯瞰的に社会的課題を見ることができるような方に入社していただければと思っています。
 
また社会に対する向き合い方には、仕事だから、プライベートだからという側面はないと考えます。プライベートでも考えているということは、仕事というフィルターを通しても考えている方だと思っています。その逆もしかりです。
 
今我々が抱えている社会的課題に対して、公私を問わず、何かしらの解決ができるような、そこに一石を投じるようなマインドを持った方とご一緒できればと思っています。